スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸和田祭

ばったばたして日本を飛び出て、ここ数日学校登録や滞在許可更新手続き準備、生活品買い出しなんかでチャカチャカ動きパリジェンヌぶってますが、先週の今頃、私は炎天下でだんじりの後ろを追っかけまわしてました 笑

今年は去年行けなかった分、すごく楽しみにしていました しかも海外に出ていたからか、城下町である岸和田、総ケヤキのだんじり、祭を運営する各祭礼団体、いくつになっても変わらない祭友達、全てがとても美しく感じました

P1020206_convert_20100926113747.jpg P1020152_convert_20100926104558.jpg


まだ暗い曳き出しの朝、各町が庫屋を出発し、大北町のだんじりがカンカン場向かって疎開道に"やりまわし"をした時、22町のだんじりが両側からカンカン場を続き、祭が始まります。この瞬間は誰が何回見ても良いです
P1020154_convert_20100926104536.jpg P1020241_convert_20100926113554.jpg

今年は同い年の青年団の子達が、綱元(だんじりを曳く役割の最後)だったので、遠くへ散って行った岸高の友達なんかも集まったりしてて同窓会みたいでしたまぁ私もパリから帰ってしまうぐらいですから 笑

P1020244_convert_20100926113327.jpg P1020196_convert_20100926115313.jpg

ちょと古いけど、IKECHANの歌とともにだんじり映像どうぞ 笑
スポンサーサイト
Category: *photo*

乗り継ぎの注意~

先日パリに戻ってきました!

今回はヘルシンキ経由フィンランド航空で移動しました。
初めてのフィンランド航空 サービスも良く直行便の次に速いと聞いていたのですが、その通り、機内サービスもCAさんもとても丁寧で人柄まで良かったように感じました

ですが、乗り継ぎの時間が約1時間なんです。


日本への帰りはヘルシンキ→大阪の便が1時間ほど遅れていたので余裕でした。しかしパリへの帰り、問題が
実はヘルシンキに着く、東京、大阪、中部も?日本からの各便がほぼ同じ頃に着くらしいのです。そして全て次の便への乗り継ぎが結構ぎりぎり。
ヘルシンキに着く前機内で乗り継ぎ案内があり、パリ行きは2番目に早いというのを見ていたので、さっさと下り同便の人の中ではかなり早く荷物検査所へ行ったはずが、日本人の行列!! クラのダブルケースを持っていると仕方ないですが、いつも通り声をかけられ、丹念に中身をチェックされ、すこし出遅れました

続いてパスポートの検査のところに行くと、これまたものすごい日本人の行列!!!え~!これ待ってたら間に合えへん~と思いながら、とりあえず待つことに。


パリ行きの出発まで15分になった頃、まだまだ後ろだったので、ロープ向こうの方に、先に行かせてほしいと言うと、ツアー旅行者の方達に自分も急いでいるととても嫌な顔をされ、「確かに。」パリ行きの人達も並んでいるのだと思い、待つことに


とうとう5分前になった頃、パリ行き搭乗最終案内の放送で私ともう一人の名前が呼ばれ、これは本気でやばい!と気づいて、とても気まずい雰囲気の中、一番前まで抜かさせてもらい、走ってゲートに行きました。機内に乗るととっくに荷物も積んで着席している乗客が私を待っていました
しかも大量の荷物を上げるのに手こずり、恥ずかしいし申し訳ないし



乗り継ぎ1時間は普通にいけば大丈夫なのですが、問題は日本からの便が同時間に着くこと。ヘルシンキで下りる人はほとんどおらず、皆ヨーロッパ各地へ乗り継ぐこと検査所の窓口が3つしか開いていなかったこと


そして外国であれ日本人ばかりの中では融通がきかないこと 私の便が早いからと言って順番抜かしは嫌な顔をされます 日本では、電車待ちの順番抜かしはできませんよね。お腹が痛いからと言って、席を譲って下さいとなかなか言えませんよね。みんなしんどいのにって…。


でももしこんな状況になっても、ちゃんと言って先に行かせてもらわないといけませんそして放送を聞いておく


なぜなら私は過去に同じ状況がオランダのスキポール空港であり、日本行きの飛行機は待ってくれず、一日アムステルダムに泊まる破目になったからです


まぁ、無事着いたからすぐ忘れちゃうんですけどね~ 何とかなるやろって

何事も経験なんやね~笑
Category: 日常

秋です

コンサート翌日、岸和田だんじり祭1回目試験曳きの日でした。笑

これが私の帰国のもう一つの理由。祭です。

今年は私の大事なコンサートがあったため昨日までは考えないようにしてきました。
翌朝、気持ちを切り替えTシャツ、巾着、うちわ、タオルを身につけ、いざ出陣!笑

最近温暖化のせいか、秋祭が夏祭りになりつつあります。。。この日も大阪は猛暑日。

5分走ると全身びしょびしょ 救急車が通るたび、あぁ~また誰かイったな~って

でも!待ちに待った祭!旧市22町のだんじりが動き出し、大太鼓がズンと響くと鳥肌が立ちます。

P1030541.jpg
美しい

P1030537.jpg

本祭はもうちょい先なんですけどね 笑
Category: 日常

コンサート終了☆

昨日、地元熊取の煉瓦館でのコンサートが終了しました♪
大阪はまだ猛暑日が続く中、定員70名のところ100名以上ものお客様にお越し頂き、感謝の気持ちでいっぱいです

今回のコンサートは地元の方々にクラリネットの演奏を聞いて頂きたい、私の好きな音楽を皆様にも伝えたい、と思い春から計画していたものでした。熊取町教育委員会が支援してくださる住民が住民のために作るコンサート。
同世代で同じく泉州在住のピアニストの田所千佳ちゃん、ヴァイオリニストの遠藤志季ちゃんと共演させていただきました☆

P1010981_convert_20100906052919.jpg P1020021_convert_20100906053253.jpg


今私がフランスに留学しているということもありフランスの音楽、そして弦・管・鍵盤楽器のトリオの曲をご紹介したいと思い選曲しました。私はメサジェのソロ曲、ドヴィエンヌのソナタ、そして2曲のシャンソンを演奏しましたそして最後はトリオでバルトークのコントラスツ!


今回は選曲を含め企画にとても悩みました。聞きに来て下さるお客様は、友人・知人、音楽好きな方、広報・チラシ・ポスターを見て来て下さる住民の方、本当に様々です。「どんな曲が良いのだろうか でも一番大事なのは自分が何を伝えたいのかということかもしれませんなぜその曲を聞いてもらいたいのか、紹介の仕方、見せ方、トーク次第でお客様に伝わるものは大きく変わってきますよね。



時間はかかっても私なりに精一杯考え、準備した甲斐もあり、約1時間半のコンサートでしたが最後まで熱心に聴いて頂けました。アンケートもお願いしていたのですが、気になる「どの曲が良かったですか?」という項目へのお答えは見事に多様でした!その中でも特に集中したのがなんとバルトーク!ある意味今回のメインで、お客様の反応が不安でもあったバルトーク!!うれしい~

「行って良かった、また聴きたい!」「トリオに惹きつけられた!」などうれしいお言葉をたくさん頂戴し、本当に幸せです。どうもありがとうございました


先月までメールでのやり取り、楽譜も郵送、直前まで曲目の変更をしたりと私の勝手に付き合ってくれた2人の素敵な共演者にとても感謝しています。本番のバルトークでは、3人ですごく熱い演奏ができました!!ほんとに楽しかった~ またきっと一緒に演奏したいです


今回のコンサートを準備し実行することで、学び得たものがたくさんありました☆反省点を今後の課題にして今年も頑張ろうと思います


Category: clarinette
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。