スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春目前

忙しいを言い訳についついPC離れしてしまいました… いけませんね… 実際忙しいのか私の時間の使い方が下手すぎるのか。
(後方でしょうね(;_;)) 毎日書きたいことはあるのに!
ブログまた覗くね~と言って下さる方がいらっしゃるのに、申し訳ないです!<(_ _)>

いよいよ春目前ですね!
最近「春」をテーマに何度か演奏させて頂いておりますが、日本の春を久々に、改めて感じるこの頃です。
昨年はまだこの地に足つかずというか、ぽか~んとしながら季節の移り変わりに目と心をとめることもなく過ぎてしまいましたので^^;

先月より「早春賦」を取り上げてきました

3月はだんだん日差しが優しく、風が柔らかくなり、近隣のお庭にも「梅」、「沈丁花」、そして「木蓮」が見られます。
いろんな場でふとした瞬間に 「あ、もうすぐ春だな。」 を感じますよね。
しかしまだまだ寒い日は続き、忙しく年度末を迎える。

日本の春。


そして春と言えば、学生は進級、卒業、入学のシーズン。社会人も移動があったり、新入社員がきたり新年度を迎えます。
そこには様々な「別れ」、「旅立ち」、「出会い」があり、「節目」のような季節でもあります。これは日本ならではですね。
特に変化なく4月を迎える人々も、ふとした瞬間に旧友や過去の出来事を思い出したりすることがあるのではないでしょうか。

歌謡曲でもたくさん春の気持ちを歌われているものがあります。
振り返って嬉しく、切なく、でもとまることなくまた歩きだす。


私はこの春、松任谷由美さんの「春よ、来い」を大切に演奏してきました
クラリネットの演奏ではもちろん詞を歌えるわけではありませんが、曲調は切なく美しく、印象的な前奏は桜がきらきらはらはらと舞うよう。

日本ならではの「春の心」、そして「音楽」。


あと数日で4月を迎えますが、今しばらく春を感じ、楽しんでみたいですね。 日々大切に。
スポンサーサイト
Category: 日常
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。