Voyage7~スカラ座編~

翌日24日、旅最終日、そしてクリスマスイヴです

24日午後、25日は休館というスカラ座へ、急ぎます!
11時頃着いた私、おそらく最後の客ではないでしょうか?館内の職員さんは暇そうに喋っておりました。

外観はパリのオペラ座なんかに比べると、えらく普通です。そしてこのスカラ座は1943年の空襲で一度失われ、現在の位置にあるものは1946年に再建されたものだそうです。さらに2004年に改装されているのでとても新しい。
劇場内見学と館内に博物館があります。5€(学生4€)
CIMG0342_convert_20101227055828.jpg

CIMG0322_convert_20101227055103.jpg
1920年代のコンサートのポスターなどが並んでいます。
ボエーム、トゥーランドット、トスカ、蝶々夫人、カヴァレリアルスティカーナ、アイーダ、リゴレット、椿姫・・・

ヴェルディの作品の多くがこのスカラ座やヴェネチアのフェニーチェ劇場で初演されたんですね。今回劇場の見学でしたが、オペラ見に行きたいです
CIMG0324_convert_20101227063108.jpg
肖像がいっぱい見たことある顔ばかり。笑 でも誰が誰だか。笑

CIMG0327_convert_20101227055632.jpgリストのピアノ かわいい♪

CIMG0335_convert_20101227060003.jpg CIMG0331_convert_20101227060242.jpg

CIMG0338_convert_20101227055907.jpg
マリアカラス(絵・下)もここで歌っていたのですね~! なんと彼女のお墓は私の家のすぐそこ、ペーラシェーズ墓地にあります

館を出る時、額に入ったコンサートのポスターに目が止まりました。12月22日、クリスマスコンサートと書いてあります。プログラムはヴェルディの様々なオペラの抜粋のようです。
「あ~聞きたかったな~誕生日にスカラ座でコンサートも良かったな~」 なんて思っていると、職員のおじさんが、もう終わったポスターだし閉館するからでしょうか、クリスマスプレゼントと言ってくれたんです~!! 私から何も言ってませんよ。笑

コンサートに行ったわけではないし、ただのポスターと言えばそう。でもMERCOLEDI 22 DICEMBRE 2010と書かれたスカラ座のポスター。私にはなんとうれしいプレゼント Grazie! Grazie mille!! 私はそれだけしか言えませんでしたが、おじさんはCiao!と言ってさよならしました
雨だったので傘袋に入れてくれ、パリまで死守してきました~
IMG_0295_convert_20101227070519.jpg

今だけ部屋に飾っておこうかな

その後ドゥオモへ向かいアーケードを通るとすごい人だかりが、、
CIMG0343_convert_20101227074305.jpg
ヴァイオリン4+アコーディオン4でパッヘルベルのカノン、G線上のアリアを演奏していました!
弓はいっぱい切れていましたが、なんでこんなに弾けるん?! 男8人、すごく力強い演奏!
アコーディオンが4人もいるので、音量、迫力はものすごいです!

クリスマスで町の人もすごく楽しそうお金もじゃんじゃん入っていきます。たぶんコンセルヴァトーリオに通っていたんでしょうね。ちょっと弾けるなんてものじゃなく、メドレーなんかにしちゃって慣れてます。気取らずかっこいいです

CIMG0318_convert_20101227075958.jpg
スポンサーサイト
Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する