スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと全21ページ

今次のcours tutti(門下のおさらい会)に向けてシュトックハウゼンのIN FREINDSCHAFT(何て読むんかわからん…)を練習しています。英語ではIN FRIENDSHIP つまり「友情に」
IMG_3737.jpg

楽譜は4ページの曲。1977年に作曲されていて、楽譜の注釈はドイツ語。 ヴァレリは「ほらここに訳があるから」って、フランス語と英語。。。フラ語がわかれへんとこは英語を訳して、両方わかれへんとこは・・・              わからんまま
IMG_3738.jpg


いやいや誰かに聞きます

現代曲にはあまりに無知な私。ブーレーズに続き、「まずどうやって吹くねん」…
英語で書かれた立派な解説書つきですが、フランス人のヴァレリも知らん知らんって顔やし。笑  とにかくレッスンで学ぶしかない!(この曲レッスンで理解するのもなかなか難しいやろうしぼちぼち解説書も読むけど) 解説書を読まないとわからない曲なんて              ふぅ。


楽譜を見るのも嫌で、なかなか練習する気になれなかったけど、今は、何を表してるのか、何が言いたいのか、わからんからこそ興味がわいてます フランスではテクニックの向上と、とにかく多くの曲を学びたい!と思ってるので修行です!!!


なんと全21ページの超ご丁寧な詳しい解説書♪ 最後には写真とサインつき
IMG_3739.jpg IMG_3740.jpg IMG_3741.jpg


いらんっちゅうねん。

スポンサーサイト
Category: clarinette

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。