花のdimanche soir

機嫌の良いパリでしたが今週いよいよ寒波がきているようです。今日、昼間も気温が上がらず寒く、体がガチガチです。寒いと疲れもひどく、朝から体が痛くなるのです。
今週は氷点下が続くようで、-7℃まで下がる模様。これは気持ち的にも気合いを入れないと乗りきれません!

さて、今日はdimanche soir日曜の夜について。
ブログの名前のとおり私はこのバスチーユ~レピュブリック、パリ11区で過ごしています。
CIMG2627_convert_20120130094513.jpg

パリに友達が多い方ではないのですが、たまの日曜の夜、11区を愛する近所友達と一緒にごはんをします。大したおもてなしをすると言うわけではなく、飲み物、食べ物を持ち寄ったりし、一緒に部屋でごはんを食べ喋る、というものです冬はもっぱら鍋。みんな歳も職業もバラバラ、生活もそれぞれ、大体いつも私が最年少ですが、とても居心地がよく、とても大切なお友達なのです。月曜がお休みな人が多いので花の日曜日というわけです。
CIMG2608_convert_20120130104714.jpg


とある日曜夜、料理人さんの部屋でのごはん。
CIMG2668_convert_20120130100207.jpg CIMG2669_convert_20120130100004.jpg
家で上手く作るのは難しいと言っていますが、それでもやはり素晴らしく美しく、そしておいしいごはん。コンロはうちのよりも弱そうな電気コンロだし(失敬!)、あとは電子レンジとオーブントースター。普通のパリのステュディオです。作る様子を見させてもらっても、話を聞いても、一つ一つは難しくなさそうに思うのですが、ごはん、前菜、メイン、デザートなど、同時にそしてものすごく手際が良く作れてしまうのは、やはりプロだからですね
CIMG2672_convert_20120130101238.jpg
この日は友達の誕生日と、南米に発つ友達の壮行会を兼ねていましたので、豪華な晩ご飯を頂きましたケーキすごくないですか?


またとある日曜夜。
1月はガレット・デ・ロワを食べる月。(詳しい謂れはwikiをご参照ください。笑)今年は数回頂きました。フェーヴは当たりませんでしたが^^; 人数分に切り分けて、フェーヴが当たった人は幸せが一年間続くと言うものですが、フランスの家庭では子供に当たるように配るそうです 私のフランス初ガレットデロワは2年前、学校のクラスで食べました^^
CIMG2610_convert_20120130110409.jpg CIMG2613_convert_20120130105655.jpg
大きさは家族の人数によります。お店では何人用と書かれて様々な大きさのガレットが売られています。
CIMG2611_convert_20120130105748.jpg CIMG2680_convert_20120130112922.jpg
フェーヴもいろんな形があります。大きなガレットでしたが、これらは近所のパン屋さんで働く友達がお店から頂いてきてくれました。いつもたくさんのパンを持ってきてくれ、本当に感謝しています
今年はアーモンドペーストのものとリンゴペーストのものを頂きました。味は…アーモンドの方はスイートポテト。リンゴの方はショソン・オ・ポムです。パイ生地は食べ飽きている人には少し重いかも。店頭に出るのは1月だけですが、いくつか頂いたので冷凍してあります少し温めて食べるととってもおいしい♪


そしてまたとある日曜の夜、私の部屋でのごはん。
まず、適当に鍋を。。笑 
そしてその日の主役。、FAUCHONのチョコレートケーキ。
CIMG2660_convert_20120130095830.jpg
ムースの層になっていてほんとにおいしかった~
これは私の戦利品。モノプリでノエルの後半額になっているのを見つけ即購入。冷凍なのでまた他のケーキを買って置いておこうかと思ったら…定価にもどっていました 悔しいのでモノプリ印のノエルのブッシュアイスケーキ驚き価格1.3€で買い、一人で家で少しずつ楽しんでおります

友達とは仕事の話、音楽の話、フランスとフランス人について、あと生活の話。つまり何でもありですね「今ファブリーズが2eme gratuit(2つ目タダ)だったよ!」とか、「~探してるんだけどどこで安くあるかな?」とか。 近所の主婦友の会話のようです。フランスのスーパー、びっくりする割引をしますし。笑

音楽人は練習に時間を割くので一人でいることが多く、お仕事の人はいつも忙しそうで、それぞれいろんな問題悩みを抱えているようですが、大変な時こそ友達というのは大切なものですね。
スポンサーサイト
Category: 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する