スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにシリーズ本がおわってしまう~

ここ最近、シリーズで読んでいる本があります。
kako-nGxkHsu8GmsFhzK6.jpg

高田郁さんの「みをつくし料理帖」という10+1冊からなるシリーズ。

江戸を舞台に女料理人とその周りの人々の人間模様を描いた時代小説なのですが、2012年にはドラマ化もされていたようですね。(その頃浦島は竜宮城にいましたので…)10冊もあるん!?ずっと同じ感じで飽きてくるんちゃん?と思いながら止まらず最後まできてしまいました~


電車の中で読む用に、父にいつもの「何かおもしろい本ない~?(←しかも私にとって飽きずにおもしろく読めそうなもの)」と尋ね、出てきた「銀二貫」を読んだのがきっかけ。こちらは大坂の寒天問屋の話。
帯のキャッチコピーはこちら。
『大阪の本屋と問屋が選んだほんまに読んでほしい本。』、『この小説は大阪人の誇りです』、『ええ話です。ほんまにたまらなくええ話なんです!』、『高いか、安いが「銀二貫」あなたならこんない使い方あり、ですか?』
このフレーズを見れば、ああ大阪好きのあれか、いいわ。なんて思われるんじゃ…とも思いましたが。本当に心温まる話というのはこういうことかと。素直に思いました。

次いで、父の部屋へ行き、「同じ人の本ない?」で出てきたのが「みをつくし料理帖シリーズ」だったのです。
毎日移動中や寝る前に読むのが楽しみで、時間をかけて少しずつ読んできました^^
(途中で他の本をちらちらもしてしまうのですが)

単純なのですが、読んでいて本当に気持ちが良い。登場人物の言葉や描写に気持ちが引き込まれます。時代小説でフィクションなのに自分に重ねて考えたり、「あの時澪(主人公)はどうやって乗り越えたんやっけ」などとぽか~んと頭に浮かんできたりします。

こんなに長いシリーズを読んだことって今までなかったかもしれません。とても読みやすく難しい話ではないので読もうと思えば数日で読み終えてしまうのですが、ずっと読んでいたいと思う本なのです。

「銀二貫」を読むときっと老舗の和菓子屋さんに行きたくなります。
「みをつくし」を読むときっと和食屋さんに行きたくなります。昆布を味わってみようとします。寝る前に読むとお腹がすきます。笑 
是非読んでみてください♪

音楽や文化、エッセイなどは”知りたい”という理由から自分で探すのですが、小説はなかなか自分で選んで買うことができないのです。 なのでよく人にどんな本読むの?オススメない?と聞いたり、本好きの姉と父に借りたりします。有名だけどなんか手が出ないな~って本も、タイミングや何かのきっかけで興味を持ったりしますよね。音楽もそうですが♪

このみをつくしシリーズ、最終巻の残り1/3。今晩寝る前に読んでしまいそうですが。

終わってしまうのが寂しい。笑 次考えないと~
スポンサーサイト
Category: 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。