スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lever du soleil -HINODE-

先日、モンマルトルに日の出を見に行きました。しかも今までで一番寒い朝に。

パリは日本人にとって日照時間が夏は長すぎ、冬は短すぎます。冬は5時に暗くなり、朝9時頃まで明るくなりません。本当に寒いしなかなか朝は厳しいです。

でもここはParis 冬だからこそ良いこともたくさんあります。


夜11時まで明るい夏と変わり、街灯の光で輝く夜のパリが主役です。
セーヌ沿いは言うまでもなく、暖かい色のランプが灯った、小さなcafeを見つけた時の幸せは冬だからこそです


ある朝学校への道で、赤くて大きな朝日が昇るを見つけ、冬は日の出を見るチャンスだと思い、天気予報を見てついに極寒の中モンマルトルに登りました。もちろん早朝のモンマルトルは初めて!

煙突から煙の出るパリの屋根に、陽が差して行くのを見下ろした時、あまりに現実離れしていて自分がそこにいることを不思議に感じました。
ユトリロなどの100年程前に描かれた絵のような景色でした

IMG_4563.jpg

こんなにいろんなことに感動するのもパリ1年目だからかもしれません。 でも音楽をする人としても、何処にいてもこんな気持ちをいつも持ち続けたいなと思いました。



でも何回も言いますが、寒すぎなのでもう行けません。
これからは地中海に憧れながらパリで夏を待とう 笑


さぁ今週は予定がいっぱい!!明日はのびた君(ジェレミィ)とpianisteのオルガと初Duo合わせ オーベルヴィリ子がんばります

スポンサーサイト
Category: 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。