Japonais

昨日おもしろいものをみつけました!

パリのメトロ駅構内にあるフリーペーパーには、directシリーズの他にA NOUSというのがあるのですが、メトロ車内で誰かが放っていったA NOUSが目にとまり持って帰ってきました。

P1010107.jpg

日本です!東京!
表紙は「森ガール」です!
日本ではもう誰でも知っているのかもしれませんが、私は先月、日系の美容院に行った時に"森ガール"を初めて知りました。。知らない方はどうぞgoogleで 

あまりにおもしろかったので記事の一部をご紹介します

P1010112.jpg
まあまあ、目次はユニクロの広告と共にこんな感じ

続いて、
P1010120.jpg
まぁ日本では普通の風景?ですよね◎


ちょっとズームに、
P1010118.jpg P1010119.jpg

内容を私なりに和訳したところ、
日本人はよそで食べる時に持って行くため、誰のよりも美しいお箸を選ぶ。 
そして大衆風呂がある。
そして容易には信じて見れない光景、"pachinko"(鋼鉄の球を用いてお金で遊ぶ滑稽な遊び)に没頭する人々の光景。(写真を撮られるのを好まなかった)
そして"yakitori"(鶏肉だけの串焼き)で力づける。
そして"sake"(美しいガラスに入っている)とともに。
Attention(注意)英語のメニューはない。日本人又はガイドできる人と行くこと


も一つ、
P1010115.jpg P1010116.jpg

私たちが日本を思い起こして話す時の習慣である、例のエキセントリックなルックスはカルチェ原宿(地区)で見られる。そこには本当に存在する。熱狂の間違い。しかし確か。"Harajyuku"に厳格はない。
金髪の人形に赤のアメちゃん。
cosplaysと紙一重の、新しいスタイルである森ガール=森のエルフ妖精のようなスタイルを取り入れた、時代の違うワンピース、長い髪に血の気のない顔色、この世のものとは思えない外観。
その結果、それに捧げられたブティックはいたるところに栄えている。偽物のヴィンテージdecoのアクセサリーと。
見ることにおいて信じられない、週末には東京近郊からそれらの未成年(女性の大半が)が来て、特に神宮橋に集合する。


文章はおかしいですがこんな感じ 笑
右上の彼は16歳らしい。。そして犬も服を着ると。


日本人の私には、このような格好は普通じゃないと思いながらも、このようなファッションの人をよく目にするのは普通◎


でも、これまでに3人の男女フランス人から「日本人はtrop mode(過度にファッション)」と言ってるのを聞いたことがある!

つい最近では、フランス人のフルートの男の子とメトロで一緒やった時、日本の男の子(大学生?)6人ほどでいるのを見て「彼らは日本人?ゲイ?」って普通に聞いてきて、びっくりした

私から見ると日本の大学生やな~(今時期パリには、春休み中の日本の大学生がいっぱい来てる!)なんやけど。。 「pourquoi?なんで?」って聞いたら、「髪が長くてスカートはいてるし男でいっぱいでいるからそう思ったて。

その子たちがロン毛でスカートはいてた訳じゃないけど、前髪が長くて斜め分けとか、パーマとか、ジーパンの上にチェックのシャツ?みたいなのを巻いてたから。日本ではごく普通の学生に見えるけど、フランス人の考えもわからんでもない…


こんな日本の文化に憧れているフランス人がいるのも事実 でも日本の文化を特には知らない一般人が変なイメージを持っているのも事実
パリにいて、フランス人の性格や考えが理解できんかったり、日本人はなんてまともなんや~ってよく思ってたけど、お互い様なんやね
スポンサーサイト
Category: *photo*

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する